ザガーロは薄毛治療に効果的|モテるオトコの必勝法

メンズ

遺伝の問題というけれど

メンズ

遺伝に寄るところも大きい若ハゲですが、ホルモンバランスと頭皮のケアが若ハゲを予防・緩和するネックです。遺伝の実験として、ハミルトン博士は遺伝子配列のパターンから、男性ホルモンが多くてもハゲない人と、薄毛になる恐れを持っている人を区別する方法を確認しています。アルコールと一緒で分解できる量に個体差があるように、テストロゲンがジヒドロテストステロンに変わって毛母細胞と結合しやすいかが異なるのです。しかし、遺伝子で決まっていたからと若ハゲを諦めるのはまだ早いです。遺伝はあくまで「そうなりやすい」というだけです。例えば100人ほど同じ遺伝子を持っていても100人全員が若ハゲになるとはいえませんし、逆に該当する遺伝子を持っていなくても若ハゲになる人も多くいます。食生活と手入れ次第では進行を遅くすることもできるのです。早めの対策が重要です。まずは普段の食生活から見直してみましょう。野菜やナッツ、豆腐やいわしなどさまざまな食材をバランスよく取れている人は少ないでしょう。薄毛の場合には亜鉛や、イソフラボン、タンパク質を意識的に摂ることが必要です。しかし、毎日効率的に摂ることができるかといわれると、かなり難しいことだと考えられます。そうした場合には、薄毛対策の専用サプリメントなどを食事や治療と合わせて取り入れることがオススメです。頭の皮脂をキレイに落として、血行促進なども意識すると良いでしょう。湯船に浸かって頭皮マッサージなどを取り入れてみてはいかがでしょうか。